日本最大級4万株の桃色吐息を眺めながら一息「Momoiroテラス&カフェ」 イメージ

日本最大級4万株の桃色吐息を眺めながら一息「Momoiroテラス&カフェ」

1965年に誕生して以来、地元の人に愛されている「ひるがの高原スキー場」
実は、春から秋にかけては、四季折々の景色を体験できるスポット「ひるがのピクニックガーデン」として人気を集めているんです。

今回紹介するのは、施設内のリフトに乗って、標高1000mの“桃色吐息の丘”にある「Momoiroテラス&カフェ」。ピンク色の絨毯に包まれた空間を訪れてきました!

スキーリフトに乗ってめざす、山頂カフェ

ファミリーや初心者にも優しいスキー場として知られるひるがの高原スキー場。
ゲレンデの中心に伸びる全長1,000mのリフトに乗って、頂上を目指します。

ピクニックガーデン 入口ゲート

受付で、ピクニックガーデンの入園料を払って、いざ出発!

夏のひるがの高原スキー場 リフトにのって山頂へ

麓から頂上まで、リフトに揺られること約8分。
地面に降り立つと、鮮やかな桃色吐息(ペチュニア)が視界一面に広がります。日本最大級4万株とあって、見渡す限りピンク色。

桃色吐息の丘で記念撮影

7月〜8月が見頃とのことですが、取材した9月中旬でもこの通りの景色。
さらに、標高1,000mの山頂からは、大日岳や白山連峰、ひるがの高原エリア全体の街並みも一望できます。

桃色吐息を見ながら、まったり過ごせるプライベートテラス

こちらがお目当の「Momoiroカフェ&テラス」

ひるがのピクニックガーデン 山頂「Momoiroテラス&カフェ」

桃色吐息をちょうど見わたすことのできる場所にあります。

ひるがのピクニックガーデン 山頂からの見える「Momoiroテラス&カフェ」

キャンピングカー風の売店には、お花がトッピングされたフラワーソーダやゼリー、マカロンなど、景色にぴったりの可愛らしいメニューが並びます。地元名産のひるがの牛乳を使ったドリンクや、プリン、パンナコッタなど、ここならではのスイーツもたくさん。

Momoiroテラス&カフェ「フラワーソーダ」

こちらはトッピングのお花が可愛いフラワーソーダ。
おいしいだけでなく、綺麗なのが嬉しいですね。
思わず写真を撮りたくなります。

そしてオススメは、桃色吐息が目の前のプライベートテラス(1席1,000円)。

Momoiroテラス&カフェ おすすめ「プライベートテラス」

5席限定で、1席につき1〜4名ほど座ることができます。
屋根付きのふかふかソファに足を伸ばすと、リゾートに来たようなリッチな気分に。

桃色吐息の花言葉は「あなたと一緒なら心が安らぐ」。友達や恋人と、ちょっと特別な思い出を作りたい人にぴったりですよ。

景色だけ、オシャレなカフェだけ、という場所は珍しくありませんが、どちらも譲れない!という方はぜひ、リフトに乗って「Momoiroテラス&カフェ」に行ってみてはいかがでしょうか。


施設内のおすすめスポット

「Momoiroテラス&カフェ」でゆっくりした後は、「ピクニックガーデン」内でアクティブに遊ぶのもおすすめ。

森の中に張られたワイヤーを滑車で滑り降りていき、空を飛ぶような体験ができる「ジップライン」や、バスケット型のゴールを目指して、円盤を投げる「ディスクゴルフ」があるので、ぜひ楽しんでいってくださいね!


RELATED POSTS
関連する記事