川と思い切りあそぶ「FIELD DAY」式ラフティング体験 イメージ

川と思い切りあそぶ「FIELD DAY」式ラフティング体験

今回、体験したのは、東海北陸自動車道美並インターを降りてすぐの場所にある「FIELD DAY(フィールドデイ)」のラフティングツアー。その特徴は、郡上に15社あるアウトドア事業者の中でも、長良川でのラフティングに特化しているということ。繁忙期でも、できる限り少人数制を大事にしていて、満足度が高いと評判です。今回のツアーで初めて出会ったお客さんと一緒に、思いっきり水に濡れて楽しんできました!

郡上のラフティングに惚れ込んだガイド、原田さん

ラフティングガイドの原田さん

今回、ご案内してくださったのは原田雄貴さん。「FIELD DAY」の取締役社長でありながら、自ら現場に出てツアーガイドをされています。生まれは名古屋で、郡上に移住する前は保育園の先生をしていたというから驚き!

スキーが好きで、冬になると郡上へよく遊びに来ていたそうです。夏に長良川沿いをドライブをしていたとき、楽しそうにはしゃいでいるゴムボートの群れを発見。
興味を持った原田さんは、ガイドさんに話しかけ、ラフティングのことをいろいろ教えてもらったそう。それが、原田さんとラフティングとの出会いだそうです。
後日、体験してみて、見事にラフティングにハマり、保育士を辞めて移住されました。

ガイド歴は16年。長良川を知り尽くしたベテランのガイドさんです。

フィールドデイ施設

こちらは「FIELD DAY」のベースです。
まずはこちらに集合!

名古屋から車で1時間弱。高速バスの「高速郡上美並」停留所からは歩いて20秒ほどというアクセスの良さ。長良川鉄道を利用する場合は、駅までスタッフが送迎してくださるそうですよ。(※予約の時には、下車予定駅・時刻のお知らせを)

フィールドディ施設内

なかに入ると、気さくなスタッフが迎え入れてくださいます。
受付が済むと、自分のサイズに合ったウエットスーツを選びます。
男女兼用で、ジュニア(130cm〜160cm)から大人(S〜4XL)まで幅広く揃えてあるので、どんな体型の方でも大丈夫です!

シンプルなウェットスーツのほか、人気アニメの主人公になりきることができるスーツなども用意されているので、気になる方はぜひお問合せくださいね。
着替え終わり、みんなの準備が完了したら、いよいよ清流長良川へ出発です!

青龍長良川でラフティン

長良川へは車で5分ほど。

長良川の中流域にあり、田畑や山のあるのどかな風景を望む新美並橋がスタート地点です。
今回は、「午前ツアー」(午後もあり)に参加。初めましてのお客さんと相乗りです。
はじめに、おだやかな流れの淵で、パドルの使い方をレクチャーしてもらいながら、みんなでワイワイガヤガヤ、力を合わせて漕ぎます。

慣れてきたところで、急に流れが速いポイントに! ここは、原田さんが全国でも星4つと自慢する急流スポットで、『三段の瀬』と呼ばれています。

ラフティング力を合わせて瀬を越える

三段の瀬を過ぎると、流れのないプールのような場所(通称トロ場)を漕ぎ進みます。
相乗りのお客さんとも、だんだん息が合ってきました! ぐんぐん前に進んで楽しいです!

度胸試しの崖から川へダイブ

岩からの飛び込み

「ちょっと落ちてみましょうか」

落ちる? どこから? と思っていると、原田さんがおもむろに崖の上を指差しました。

「絶対ムリ!!!」
女性陣から悲鳴が上がります。
「大丈夫大丈夫!」と、原田さんは満面の笑顔。
ボートから降り、そろりそろりと崖を登ってみます。
崖上から水面まで3mはありそうな高さ…。思わず足がすくみます。

ちょっと怖いけど、思い切って「いきまーす!」

と、ジャンプ!

岩からの飛び込み後に川に浮かぶ

ばしゃーん! という音と同時に水中へ。
思った以上に滞空時間が長かったです。少し違う世界が見えた気がしましたね。

飛び込みを応援する

ひとりが飛ぶと、不思議と勇気が出てくるものですね。
ひとり、またひとりと飛び始めました。
下からも「頑張れ!」と声援を送ります。(野次を飛ばすのも結構楽しい!)

お茶目なツアーガイドに落とされる

ボートの上から川に飛び込む

再びボートに乗っていると、

「あ、なんかいる!」と、原田さん。

「え?」と、意識を違う方向に向けられた瞬間、ボートがひっくり返りました!

お茶目なガイドさんからのサプライズです。

長良川に浮かぶ

一瞬、何が起きたのかわからなくて唖然としましたが、みんな徐々に笑いがこみ上げてきました(笑)

再びボートに乗り込み、急流「りょうづきの瀬」へ。
緩やかな流れから一変、体が持っていかれそうな速さ。
場面ごとに変わる長良川の表情に翻弄されつつも、みんなで息を合わせてパドルを漕ぎながら、波を乗り越えていきます。
無事に「りょうづきの瀬」を越えると、ゴールは目前です。

河原で休憩

ゴールの遊遊ふれあい広場に到着して、ツアーが終了!
みなさん、最初から最後までにっこにこ! 全力で楽しめました。

今回は水量が多く、残念ながら体験できませんでしたが、ボート上でゲームをしたり、みんなで手をつなぐ「フラワー」や、ボートの両端に体重を掛け合う「シーソー」という遊びもするそうです。

ラフティングシーン。透明度の高い水

通常の水量であれば、逆流に乗る「サーフィン」という遊びもできますよ。

お客様に合わせてその日のツアーの流れを決めるため、必ずメニューが確定しているわけではありません。例えば、川が大好き! なお客様にはスリリングなツアーをチョイス。また、水に落ちるのがNG、高いところが苦手、というお客様にもちゃんと配慮してくれます。どんなお客様にも満足していただけるよう心がけている「FIELD DAY」リピーターが多いのもうなずけます。
一度だけでなく何度でも体験したくなっちゃいますよ!


近隣の立ち寄りスポット

「FIELD DAY」のベースから郡上八幡方面に向かって車で15分のところに、「郡上温泉宝泉」があります。1994年に湧き出した温泉で、昭和の雰囲気があるホテルの入浴施設です。
男女各7種類のお風呂があり、露天風呂からは日本三大清流の長良川が一望できます。天然温泉の大浴場から見える季節折々の絶景を存分にご堪能下さい。
鳥のさえずりや、清流のせせらぎを耳にし、のんびりと湯に浸かって疲れを癒やしてみませんか。


RELATED POSTS
関連する記事