【体験記】風を切る、風になる。電動アシスト付きスポーツサイクル「E-bike」で郡上の里山37Kmを爽快にツーリング イメージ

【体験記】風を切る、風になる。電動アシスト付きスポーツサイクル「E-bike」で郡上の里山37Kmを爽快にツーリング

幼いころ、遊び相手はもっぱら近所の男の子たちでした。
自転車に乗ってあちこち出かけたけど、男の子たちに負けたくなくて、必死にあぜ道を追いかけていました。
日が暮れるまで遊んで、帰りの時間を告げるチャイムを切ない気持ちで聞いた日々。
あの頃が私が蘇るような、そんな体験でした。

山道でもスイスイ走れちゃう! E-bike(イーバイク)の魅力

E-bikeとは、簡単にいうと電動アシストのついたスポーツタイプの自転車のことです。
欧米諸国で大ブームになっており、日本でも流行の兆しを見せています。
人気の理由はとにかく楽ちんなこと。強力なアシストで乗る人を選ばず、体力に自信のない人でも長距離だって余裕でクルージングできます。
もっと負荷が欲しい!もっと楽に走りたい!など、それぞれに合わせてアシストが調整できるので、どんな人でも誰とでも参加できるのがE-bikeツアーの魅力。グループ内の体力の差を気にせずサイクリングを楽しめます。

森の中をイーバイクで疾走する2人。

踏み込んだ分だけアシストしてくれるので急勾配ほど楽しい! 細い峠や急な坂道などもラクラク走れて、一般的にはつらい行程も最高のロケーションに変わります。
出発地から目的地への単なる移動ではなく、その道のりがアトラクション。自動車の移動では絶対にわからない景色が見えてきます。

実証実験的 E-bikeツアー「神域を走る」

新宮神社

E-bikeについてこんなに熱く語れるのは、実際に私が体験したからこそ。
E-bikeツアーの試走に参加させていただきました。

郡上八幡駅を出発し、高賀山信仰六社巡りの拠点となった新宮神社、星宮神社を参拝する、高低差約600m、距離約37Kmのコースです。一緒に行っていただいたのは、サイクリングのツアーガイドやプロの方。私はけっして体力がある方ではありませんので、そんな方々に同行できるのか不安でしたが、そんな気持ちは早々に吹き飛びました。

透明度の高い川を眺める3人。
新宮橋の上で休憩。

体に受ける風、しっとりとした森の匂い、頬をかすめる木漏れ日、聞こえるはせせらぎや葉ずれ、鳥の声。
つらいとかキツイという雑念はまったくなく、ペダルを漕ぐほどに感じる疾走感は快感そのものでした。
体力差は相当あるはずのプロの方々とも、対等におしゃべりを楽しみながらのツアー。「いつでも、誰とでも、どこへでも」とうたわれるE-bikeの醍醐味です。

森の中をイーバイクで疾走する3人

経験豊かなツアーガイドとタフなE-bikeが一緒なら、どなたでも気負いせずにツアーに参加できますよ!

今回試走したコースは、現在ツアー化に向けて開発中です。乞うご期待!


RELATED POSTS
関連する記事